税務調査が再開されるようです。

税金、社会保険など。

先日報道されましたが、コロナの影響で4月以降新規調査を中止していた税務署の税務調査、この10月より再開されるようです。

コロナで中止の訪問税務調査、国税が10月から再開

高配当株投資をはじめとする個人投資家にとっては、あまり馴染みのない方が多いかもしれませんが、特に以下のような方は実地調査の可能性はゼロではありません。

  • 投資による売却益が数千万単位である方。
  • 投資以外に事業収入や不動産収入があり、それらの収入が数千万単位である方。
  • 多額の土地不動産の譲渡を行った方。
  • そもそも無申告の方。    などなど。

実はちょっと前に以下のようなリリースが国税庁から出ていたので、税理士の中でもそろそろ実地調査再開するんだろーなーという予感を持っている人が多かったです。

国税庁における新型コロナウイルス感染症の感染防止策について

税務調査は、申告納税制度という制度の下、社会的意義のあるものであることは間違いありません。ただそうはいってもうれしいものではありません。代理人として立ち会うのもあまり好きではありません。これは、調査で指摘される事項(恣意的なものではなくても)の有無に限らずです。
いろんな調査官がいらっしゃいますし、少なくとも特に法人や個人事業への調査の場合、会社担当者や代表者、納税者本人の本来の事業活動や業務ができない時間(調査対応に時間が取られる)がそれなりに、場合によってはかなり生じます。つまり、生産性のない時間を過ごすことになりますから。。。

後でアレコレ言われるのは本当に苦痛ですし、追加納税も大変です。普段から適正な申告を心掛けましょー。

もりっこ。
もりっこ。

私のクライアントにもそろそろ実地調査来るのかな…

コメント

タイトルとURLをコピーしました