PBRではなくNAV倍率。【REITの話です】

投資用語解説

今回も個別株式には関係ありませんが高配当株投資を行っている方の中には、個別株のみでなくREITも合わせて投資されている方も少なくないようです。

かえでさん。
かえでさん。

広くインカムゲインを求めているということですね。

そのREITでは、資産価格から割安度を見る際、NAV倍率という指標を使用します。
個別株だとPBRが資産価格からの割安度を見る指標になりますが、このNAV倍率というのは名称も違うようにREITの特性を鑑みてPBRとは少々違います。

NAV倍率とは。

NAV

まず、NAVですが、”Net Asset Value”の略で、リートの保有不動産の時価から借入金を控除したものになります。
ここでのポイントは保有不動産の時価というところです。簿価ではないという点ですね。

もりっこ。
もりっこ。

不動産を全て売却し、負債を返済した後いくら残るのかという所謂解散価値を表します。

NAV倍率

まず、上記NAVを投資口数で除して、1口あたりのNAVを算出し、以下の算式で計算します。

NAV倍率 = 投資口価格 ÷ 1口あたりNAV

NAV倍率の見方

NAV倍率1倍となれば、投資口価格と純資産が一致している状態です。
従って、NAV倍率が1倍よりも低ければ投資口価格は割安で、1倍よりも高ければ割高と判断されます。

PBRとの違い。

個別株式投資で、資産面からの割安度を確認するにはPBR(株価純資産倍率)を利用しますが、NAV倍率との違いは以下になります。

  • PBRは総資産全体、NAV倍率は不動産と借入金から算出
  • PBRは簿価ベース(資産時価(含み損益を考慮していない))、NAV倍率は時価ベースの不動産価値

REITは、そのビジネスの特性上、商業施設やホテル、倉庫或はマンションといった物件が必要で、かつそれらが資産の大半を占めます。

荒波さん
荒波さん

REITの価値の源泉!

これらの価値と比較して、投資口価格がどうなっているかを、PBRより精緻に確認するための指標といえます。

それでは、よい1日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました