高配当株銘柄 4642オリジナル設計 2020年12月期第1四半期決算

個別銘柄

2020年5月25日オリジナル設計の第1四半期の決算発表でした。
会社HPに決算短信と四半期報告書がupされていますので、ざっと見てみましょう。
(参照:https://www.oec-solution.co.jp/5ir/

2020年12月期第1四半期決算

(引用元:2020年第1四半期決算短信)

数値概略

売上高はほぼ前期第1四半期と同水準。営業利益が前期比△8.8%、経常利益前期比△15.3%、純利益は前期比△15.7%
コロナの影響はあったはずなので健闘しています。特に営業利益までそんなに減少していないので悪くない決算数値と思います。
また、経常利益以降が少し減少幅が大きいです。これは前期に営業外収益に投資有価証券評価益:14百万円が計上されていたのですが、当期はコロナ相場の影響を受け営業外損失に投資有価証券評価損:42百万円が計上されている為です。本業には関係ない部分ですし、売却損ではなく評価損なのでキャッシュフローにも影響しません。個人的にはほとんど気にしていません。

もりっこ。
もりっこ。

高配当株投資の対象となる銘柄には、現金や換金可能な有価証券の保有高が多い銘柄がありますが、そのような銘柄では今回のような相場下落においてよくみられる評価損ですね。

その他気になった点

受注高

決算短信によると、当四半期の受注高は775百万円と前年同四半期比38.2%増とのことで、とても良い状況です。勿論、利益率がよい案件かどうかはまだわかりませんが、まずは受注がないと始まりませんので。

未成業務受入金残高

当四半期の未成業務受入金残高は、791百万円。ちなみに、前期決算時:344百万円、前年同期:704百万円です。受注の好調さを裏付けるように、未成業務受入金も前年同期と概ね同水準ですので、安心できます。

2020年12月期予想

業績予想と配当予想

(引用元:2020年第1四半期決算短信)

据置です!
2019年12月期実績と比較すると、1%増収、2.4%減益予想。配当は2円増配して32円のままです。勿論、今後のコロナの動向等によっては変更される可能性はありますが、まずは一安心ですね。

総括

良い決算と思います。来期予想も据え置きで一安心。
尚、2020年5月25日の株価が902円(配当利回り:約3.5%)と結構戻ってきていますね。

かえでさん。
かえでさん。

買い損ねたかも。

 

尚、当然ですが、この銘柄への投資を推奨するものではありません。投資の判断は自己責任で。また、記載内容や数値は記事投稿時点でのものです

コメント

タイトルとURLをコピーしました