【2022年5月】高配当株投資の運用状況と受取配当金額。

高配当株 運用状況 高配当株投資の運用状況
スポンサーリンク

2022年5月も終わりました。
ホントに年月が経つのは早いですね。
”2022年5月分の高配当株ポートフォリオの資産状況と受取配当金額”をUPします。

もりっこ。
もりっこ。

もう少し出すデータを改善したいなと思ってはいるのですが、
まだ悩み中。

高配当株ポートフォリオの運用状況。

運用状況

時価評価額:63,005千円
うち含み益:12,158千円

・2022年5月末時点
ほとんど日本株の個別銘柄になります。
・お試し&勉強を兼ねて、少々のインフラファンドと少々の米国高配当株ETFが含まれています。
証券会社口座の預り金・MRFの類(投資用キャッシュポジション額)は上記に含みません。

かえでさん。
かえでさん。

今月も証券口座の預り金から
チョビチョビ買い増ししています。

前月も記載した話ですが、2019年くらいまでは高配当株投資ではなく長期割安株投資をもっと少ない資金額で行っていました。
現在の高配当株投資をはっきり意識・開始したのは2020年くらいからでその際預金から資金を証券口座に移しています。

もりっこ。
もりっこ。

コロナショック前後で、かなりの株数を株価が下がった時に
仕込めました。評価益の大部分はその恩恵です。

あと今月は、以下の理由も含み益の増加に貢献しています。
・高配当株投資の対象である日本株銘柄(主にバリュー銘柄)の相場が堅調だったこと。
・米国株全体の相場環境は芳しくなかったが、HDVなどは引き続き堅調だったこと。

一方で株価の上昇により特に買い増しを検討していた銘柄は買い増しが出来ていません。

かえでさん。
かえでさん。

NTTとかKDDIとか東京海上よね…

荒波さん
荒波さん

チキン野郎。

もりっこ。
もりっこ。

待って良かったと思える日が来るのか、
さっさと買っておけばと後悔する日が来るのか
分かりません。

特記事項

基本売却はしない方針ですが、勉強がてら保有していた日本再生可能エネルギーインフラ投資法人についてはTOBとなったので早々に市場で売却しています。

今月の受取配当金。

2022年5月受取配当金:69,000円

・税引前。
・若干米国ETFの配当がある場合はざっくり換算して千円未満切捨としています。

かえでさん。
かえでさん。

今月も少ないなー。

銘柄選定に関して決算月の分散は考慮していません。
高配当株ポートフォリオの多くが3月決算銘柄なので、まとまった金額が入ってくるのは6月、7月くらいと考えています。

ちなみに上記の配当額は3月決算銘柄の2法人がギリギリ5月末に配当くれたおかげです。
実は数日前まで「5月の受取配当額は0円です!」というのを覚悟してました…汗)

荒波さん
荒波さん

そりゃブログ映えしないわ~。

もりっこ。
もりっこ。

年間300万目標に頑張りますって
記事投稿しましたが、実際に6月7月超えないと不安。

引き続き高配当株をコツコツ増やしていきたいと思います。

それでは、よい1日を!

励みになります。よろしければ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました