スポンサーリンク

ちょい戻し。【2022年10月】高配当株投資の運用状況と配当金受領額。

202210高配当運用額 高配当株投資
もりっこ。
もりっこ。

おはようございます☆
もりっこ。(@moricco_net)です。

2022年10月分の高配当株ポートフォリオの資産状況と受取配当金額をUPします。

かえでさん。
かえでさん。

2022年10月は最終日でかなり戻した印象。

スポンサーリンク

高配当株ポートフォリオの運用状況

運用状況。

☆時価評価額:68,259千円
☆うち含み益:13,449千円

<留意点>
・2022年10月末時点。
・ほとんど日本株の個別銘柄。
・お試し&勉強を兼ねて、少々のインフラファンドと少々の米国高配当株ETFが含まれています。
証券会社口座の預り金・MRFの類(投資用キャッシュポジション額)は上記に含みません。
・預金やiDeCoの類も上記に含みません。純粋に高配当株式PF(ETF含む)のみです。
もりっこ。
もりっこ。

2022年2月以前は投資していないのではなく単にデータ取っていません。
今からでも評価額だけならある程度拾えるけど

評価損益がいくらかは拾えないので…。

先月から評価額が結構増えています。

荒波さん
荒波さん

おおっ!

具体的な理由などは以下の通り。

①上記数値は預金や証券会社預り金を除いた”高配当株やETFのみ”の金額。
②先月、一時的に投資していたVYMとHDV(売却額:約450万円、売却益:50万円程度)とTOBが発表されたタカラレーベン・インフラ投資法人(売却額:約160万円、売却益:10万円程度)を売却。
上記②の売却額の内、概ね半分程度を日本の高配当株個別銘柄に再投資。
10月は相場堅調で保有日本株の評価益増加。
かえでさん。
かえでさん。

上記③の再投資については、マイクロ法人の方で
投資してみました。

もりっこ。
もりっこ。

理論的には「源泉税還付」「受取配当益金不算入」「事業利益との相殺」
「繰越欠損金の利用」といったメリットがあります。
実際に少し運用してみてまた感想など報告出来たらと思います。

荒波さん
荒波さん

2022年に新規で投資始めた銘柄は
評価損になってる割合が高いな…。

上記の通り、証券会社預り金の類は評価額に含めていません。
複数の証券口座を利用していますが、うち楽天証券の場合はマネーブリッジで楽天銀行に資金が勝手に移動され正確な把握が難しいです。
よって、純粋に持株の金額のみの集計としています。

かえでさん。
かえでさん。

管理上はこのマネーブリッジ失敗だったかなぁ…。
証券口座へ廻した投資資金に対する配当利回り計算が
即座にできなくなってしまいました…。

また以前から記載している話ですが、2019年くらいまでは高配当株投資ではなく長期割安株投資をもっと少ない資金額で行っていました。
現在の高配当株投資をはっきり意識・開始したのは2020年くらいからでその際預金から資金を証券口座に移しています。
もりっこ。
もりっこ。

コロナショック前後で、かなりの株数を株価が下がった時に
仕込めました。
評価益の大部分はその恩恵です。

特記事項。

先月「米国ETFとインフラファンド売却資金は10月以降の相場で個別日本株を少しづつ拾っていくのに使用する方向でいます。」としていましたが、前述のとおり概ね半額程度を法人口座に資金移動し法人口座での高配当株投資をしています。

上に書いたように、法人の方が有利な場合がある(不利な場合も勿論あるのですが)ので、その辺りを実際に体験してみようと思ったのが理由の1つ。

もう1つは、コロナショック時に投資した銘柄の内その後多少買い増しをしたとはいえ現在の株価に比べると取得価額がかなり低めになっている銘柄があります。
これらの銘柄へ再投資したいものの取得価額が上昇するので、敢えて現在の取得価額を別口座で持つことで一緒に単価計算されない状態にしてみました。

もりっこ。
もりっこ。

全体で見れば実質は同じですけどね。
この点は特に目的・意味があるわけでもなくちょっとした思いつきです。

基本は個人の口座で高配当株投資を続ける予定ですが、法人口座の方は思いついたことをいろいろ試してみるのに使うかもしれません。

かえでさん。
かえでさん。

また個人口座に資金戻すかもしれないし、
現時点ではちょっと流動的な位置づけです。

今月の受取配当金

☆2022年10月受取配当金:30,348円。
☆2022年累計配当額:1,856,340円。

<留意点>
・2022年10月分の受領日ベースで集計。
・税引前。
かえでさん。
かえでさん。

10月は配当受領無いと思っていたのですが、HDVの売却が遅くなったので
配当貰えてました。

銘柄選定に関して決算月の分散は考慮していませんので、11月も厳しいことが予想されます。

もりっこ。
もりっこ。

決算月よりも良い銘柄を優先しているのは個人的には問題ない
と思っていますが、ブログ映えしません(笑)

かえでさん。
かえでさん。

2022年の配当総額が300万円に届くかどうかは微妙なライン。
3月決算銘柄の中間配当と数少ない9月決算銘柄の配当次第ですが、
ちょっと届かないかな…。

こちらも2022年2月以前はデータ取っていないので3月からグラフにしています(2022年に限れば1月からのグラフに作成し直すことは可能ですがメンドイので…)。
過年度の配当推移についてはある程度過去データありますが、10年位前は配当を預金入金してたり、もう拾えない年もあってちょっと難しい…。
引き続き高配当株をコツコツ増やしていきたいと思います。

 

それでは、よい1日を!
励みになります。よろしければ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました