高配当株投資 3763 プロシップ そのビジネスの優位性。

個別銘柄

高配当株投資の対象になり得る、3763プロシップの基本的な数値等を先日upしました。
正直いうと現時点での配当利回り(2020年12月17日時点:約2.4%)だと、高配当株投資の利回りとしては少々不足していますが、相場の暴落時には3.5%くらいの配当利回りで購入するチャンスが訪れることもありますので、気にしておきたい銘柄です。

今回はそのプロシップのビジネス上の優位性について、まさにその分野付近で仕事をしていたので個人的に感じるところを少々。

プロシップのビジネスの特異性・優位性

固定資産管理にフォーカス

例えば、ERPとして会計、人事・給与、販売管理、物流管理、在庫管理等企業活動に必要なトータルシステムを提供しているのではなく、基本的に固定資産管理にフォーカスしています。その理由は下記のターゲット市場と関連します。

ターゲット市場は以下の通り。


(出典:2021年3月期第2四半期決算説明会資料より)

固定資産管理というと、償却資産台帳やリース台帳が想像しやすいと思います。個人事業者や中小零細企業だと、物件数もそんなに多くなく、上図のとおりエクセルから数万円で購入できる会計ソフト(弥生とか)に付属している固定資産メニューで充分管理が可能ですが、大規模法人になるとそのようなソフトでは対応できず(当然物件数も100や200のレベルには留まりませんし、国外に資産が存在することもあります)、より膨大で複雑な管理・処理ができるソフトの購入や場合によっては自社開発が必要になるケースも出てきます。

また、大規模法人の固定資産管理の特徴として、各資産の項目について複数の数値を保有・管理する必要があります。特に、上場企業レベルの経理や決算に携わってないとわかりずらい部分なのですが、下記のような感じです。

  • 会計での取得価額や償却計算の方法、償却年数と、税務申告上のそれらが異なるケースがあり、個々の資産ごとにそれらのデータを保有しておく必要がある。
  • また、減損会計の導入以降、上記会計、税務の乖離は大きくなっている。
  • グローバル企業になれば、日本国内の会計、税務のルールのみでなく、現地資産については現地の税制に準拠した計算も必要。
  • IFRS(国際会計基準)や米国会計基準に則った決算書を作成する企業にとっては、それらの固定資産、償却計算に即した管理も必要。

なので、資産の状況によっては、一つの資産であっても、複数の制度に沿った金額や償却計算を同時に保有し続けるといった必要が出てきます。また、しかもそれらの改正も結構頻繁にあるので、それに合わせたバージョンアップも適時に必要になります。ちなみにプロシップのソフトは24か国の税制にも対応しているようです。

これらの煩雑な固定資産管理を処理できるソフトを開発・販売することで、必然的に以下のように大規模法人の中でシェアを伸ばしています。

もりっこ。
もりっこ。

必然と書きました。業務内容聞いたら必然です。

(出典:2021年3月期第2四半期決算説明会資料より)

乗り換えコストという優位な堀が。

このような機能を、会計パッケージに付属している固定資産管理メニューでは当然対応できませんし、ERP全体を開発しているベンダーからすると、ここまで固定資産管理に資源を注力してプロシップのソフトに対抗できるようなソフトを開発することは難しいのが現状のようです。ターゲットの大多数を占める中小法人には必要のない機能なので。

仮に性能的に対抗できるソフトが出てきたとしても、乗り換えするコスト(費用もそうですが、時間も)を考えるとなかなか他社への乗り換えは難しいと思います。

企業活動全体からするとニッチな分野とも言えますが、その分野でリーディングカンパニーと言ってよいのではないでしょうか。

更に優位性をもう1つ。

もう気づいた方もいるでしょう。プロシップの顧客の特徴としては、大規模法人です。一般的にはお金持っています(笑)。

もりっこ。
もりっこ。

例えば、上場企業でも我々一般個人や中小零細法人相手をしているビジネスとは違い、それなりに払える相手と取引しているのは大きいですね。

中小法人、零細法人には、プロシップの提供するソフトは完全にスペックオーバーであり、プロシップも企業数だけで言うと圧倒的な市場規模がありそうな中小法人はまったくターゲット外としています。なので、必然。

尚、後述しますが、導入企業自体は伸び悩んでいる感もあります。その理由は不明ですが、プロシップの場合ソフト販売後も、保守契約により、ストックビジネスとして収益化を継続しています。

かえでさん。
かえでさん。

チャリンチャリン♪

気になる点がないわけでもない。

新規導入企業数は伸び悩み?

上図のとおり、IFRS(国際会計基準)導入の上場企業は増えていますが、プロシップのソフトを採用している企業の伸びは鈍化しているように見受けられます。この部分は少し気になりますので、今度質問してみたいと思っています。

個人的に邪推すると、以下ぐらいしか想像できませんが…。

  • マンパワーの不足で営業できていないのか?
  • IFRS採用の上場企業でも、その業種や企業状況によっては、そこまで固定資産数が多くなく、プロシップのソフトの機能がオーバースペックな企業も当然ありそう。
  • 既に自社開発等したソフトで管理しており、逆にプロシップソフトへの乗り換えコストがあるかも(経営的に優先度が高くない?)
もりっこ。
もりっこ。

いや、こういうのホント乗り換えするの手間なんですよ…。この辺りは継続してウォッチしていこうと思っています。

以上が、私個人の経験からも”この会社は!!”と思えた理由です。
私の資格は税理士なんですが、東京での勤務先のおかげで、上場企業や上場準備企業の会計や開示もか数多く携わってきました。連結会計システムなんかはどの会社のものか認識して仕事していましたが、固定資産管理システムの方はあまりどの会社の物か意識していなかったですね。東証1部のグローバル企業にも半常駐して、決算作業や短信、有報作成したり監査法人対応もしていましたが、プロシップの製品は使ってなかったのかなぁ…。地方に移住して上場企業(しかも大規模)と触れる機会もなくなったので、プロシップのソフトを触ることはないかもしれませんが、それでも、優位性は理解できるような会社ですね。

こんな賞も取ってました。

これは検索に偶然ひっかかったんですが、ポーター賞というのを2017年に受賞しています。この賞の権威等は全くよく知りませんが、会社紹介レポートはプロシップのことをより詳しく知れる良い資料と思います。

もりっこ。
もりっこ。

受賞会社見ると、東京在住に業務で携わった会社もチラホラ。

2017年時点の内容であることは留意頂く必要がありますが、プロシップに興味のある方はぜひ一読をお勧めします。

 

それでは、よい1日を!

 

尚、当然ですが、この銘柄への投資を推奨するものではありません。投資の判断は自己責任で。また、記載内容や数値は記事投稿時点でのものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました