高配当株 双日 業績上方修正及び増配。

個別銘柄

高配当株 双日の決算発表がありました。
内容はIR等で確認できると思うのですが、ちょっとした留意点があります。

かえでさん。
かえでさん。

株主併合による株数変更に気をつけましょう。

高配当株 双日 2022年3月期第2四半期決算

概況


(出典:2022月3期第2四半期決算短信より)

いつもの短信掲載しておきますが、かなりよい第2四半期決算でした。

もりっこ。
もりっこ。

上期では過去最高益です!


(出典:決算説明プレゼンテーション より)

 

セグメント別

知ってのとおり、金属や資源関連がとてもとてもとても好調。

(出典:決算説明プレゼンテーション補足資料 より)

2022年3月期 通年予想

業績予想

かえでさん。
かえでさん。

上方修正!!

金属資源は相変わらず好調、また化学も下期は好調の予想です。

配当予想

期末配当35円から45円に増配!

もりっこ。
もりっこ。

そして留意点ですが、2021 年 10 月 1 日付に株式併合(普通株式 5 株を 1 株に併合)しています。
上記の図では上期の配当は9円の表示ですがこれは株式併合前の株数での数値ですので、注書きされているとおり、現時点(株式併合後)の株数で考えると45円に相当します。

 

かえでさん。
かえでさん。

こちら(下記)が分かりやすいかも。


尚、双日は、配当性向30%が目安となっていますが、下限も設定されています。
上記注書或は下記文中にも記載されていますので一度確認しておいたらよいと思います。
2022 年 3 月期 連結業績予想及び配当予想の修正(増配)に関するお知らせ

ちょっと、独特ですが以下のように設定されています。

  • 各年度末PBR が1倍未満の場合:時価ベースの DOE 4%を下限。
  • 各年度末PBR が1倍以上の場合:簿価ベースの DOE 4%を下限。
時価ベースの DOE=1株当たり年間配当÷株価(各年度の終値年間平均)
簿価ベースの DOE=1株当たり年間配当÷1株当たり親会社所有者帰属持分(各年度末)
かえでさん。
かえでさん。

投資家目線の配当利回りなんかも意識してくれているのかな。

それでは、よい1日を!

尚、当然ですが、これら銘柄への投資を推奨するものではありません。投資の判断は自己責任でお願いします。また、記載内容や数値は記事投稿時点でのものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました