高配当株銘柄 NTT株主として想うこと NTT-ドコモのTOB

個別銘柄

2020年9月29日にNTTによるドコモ株のTOBが発表されました。私の高配当株に何してくれるー、と言いたいところですが、今回はNTT株主としての目線で思うことを。

TOB概略

TOBの概略

目的:ドコモの完全子会社化(全株取得)

買付期間:2020年9月30日~2020年11月16日

買付価格:1株3,900円

ここ数年の株価は、2,500円~3,000円を少し超える範囲での値動きでしたので、TOBの一般的なプレミア30%を考えると、ドコモ株主にとっては納得感のある買付価格ではないでしょうか。

NTT側のTOBを行う理由

NTTドコモの完全子会社化について”というリリースによれば、グループ経営資源の活用、意思決定迅速化等による、ドコモ自体の競争力強化・成長、ひいてはグループ全体の成長を目指すとのことです。6G等取組による国際競争力向上やデジタル化等による社会への貢献を目指すとのことです。

出典:NTTドコモの完全子会社化について

一応、安価なサービス・料金の提供も目指してくれるそうです(笑)

NTT株主として思う所

高収益企業であるドコモについて完全子会社とするのは、NTT連結ベースでの利益の増大に寄与すると思います。また、NTTもドコモも株主還元には積極的な高配当株銘柄ですが、TOB後のNTTが急に株主還元に消極的になるとは考えにくいです。

かえでさん。
かえでさん。

ここは高配当株投資を実践する立場からは重要。

気になるのは、今回のTOBによる資金調達ですが、約4兆円もの資金を調達します。

(出典:株式会社NTTドコモ株式等(証券コード9437)に対する公開買付けの開始及び資金の借入について

2021年3月期第一四半期時点で、有利子負債は約5兆円(営業債務等も含めた負債合計は約11.5兆円)ですので、4兆円の借入が計上されるとなると結構なインパクトがありそうです。また、年間の金融費用が約120億円程度(2020年3月期)でしたが、金利負担もかなり上昇しそうです。TOB後の財務諸表を早く見てみたいですね。

この辺りの財務負担も考えてでしょうか。TOB発表後株価は軟調です。
だいぶ配当利回り下がってきているので追加購入したいんですけどね。ちょっと我慢します。しばらく様子見予定です。

もりっこ。
もりっこ。

メガバンクさん、融資が増えて良かったですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました