スポンサーリンク

【新NISA制度】かなり拡充、オレの高配当株投資はどうなる!?

新NISAと高配当株投資 投資全般
スポンサーリンク

 

もりっこ。
もりっこ。

おはようございます☆
もりっこ。です。

何かと話題の新NISA。
2024年からのスタートですが大きく制度が変わるので、自分の高配当株投資においてどんな影響があるか考えてみました。

スポンサーリンク

新NISA制度概略

概略。

正直個人で図表作成して開設するよりも、公的なサイトや証券会社等を参照する方が確かだと思うので、金融庁サイトから抜粋します。

かえでさん。
かえでさん。

簡単な概略です。


(出典:金融庁HP

荒波さん
荒波さん

一見するだけでかなりの拡充が伝わるなー。

あまり上記と変わりませんがポイント抜粋すると、

非課税保有期間無期限
口座開設期間恒久化
成長枠投資(旧でいうと一般NISA相当かな)と積立NISAの併用可能。
年間投資上限拡大(積立:年間40万円⇒120万円、成長枠(旧一般相当として):120万円⇒240万円
生涯非課税限度拡大 1,800万円へ(成長枠は内1,200万円)
生涯非課税限度額について簿価残高方式の採用(つまり再投資可能
かえでさん。
かえでさん。

やはり大幅な拡充ですねー。

⑤の生涯非課税限度は、現行の積立NISAが800万円、一般NISAが600万円であったことを考えると、倍以上の増額です。
また新成長枠NISAのみの場合は1,200万円限度ですが、新積立NISAのみの場合は1,800万円まで可能。

荒波さん
荒波さん

①非課税保有期間も現行の積立NISA20年、
一般NISA5年から大幅に伸びた。
というか無期限かいっ!

もりっこ。
もりっこ。

意外に⑥もインパクトが大きいかと。非課税枠再利用。
現行では投資限度まで一度投資すると売却しても再投資不可でしたが、
新制度では再投資が可能。

かえでさん。
かえでさん。

売却すると簿価も減るので、また限度額の範囲で投資可能ってことね。
これは売買したい人には朗報ですね。

高配当株投資でどう利用するか?(あくまで自分の場合)

現在の高配当株投資の状況。

自分の現在の投資状況や前提は以下です。

(大枠)
・iDeCo+高配当株投資。
・積立NISAは利用せず、一般NISAのみ利用。

もりっこ。
もりっこ。

iDeCoでインデックス投資しているのと、もう50歳間近で将来配当による
疑似年金を育てることを目的として個別株で高配当株投資しています。
資金増加にはインデックスで積立が有利ということや、インデックスでも
老後の取崩法は理論的に確立していることは理解していますが、
精神面や嗜好も含めこうなっています。

荒波さん
荒波さん

だから積立NISAはしてないんや。

もりっこ。
もりっこ。

今20代や30代なら利用してたかもね。
あまり長生する自信もないし…。

(高配当株投資)
・40銘柄程度に分散(もう少し減らそうか常に悩んでます)。
・売却益は狙わない(基本保有継続)。
・一応、一般NISAは利用している。

かえでさん。
かえでさん。

トレード下手だから売らない(笑)

もりっこ。
もりっこ。

それはある(笑)
適宜に売却益getした方が資産が増えるのは早そうだけどね。
あと銘柄数はずっと悩み中…。

一応以下のような場合は売却あり得ます。
・その銘柄がTOBの対象となった場合。
・その銘柄が重大な不正や不法行為を行った場合。
・その銘柄の事業の優位性が無くなった場合。
・投資対象とした前提に錯誤や誤解があった場合。
・その銘柄が含み損の場合で節税目的での年末クロス取引。
・あまりに含み益の銘柄について、配当が大きく増える同程度以上魅力のある銘柄が別にある場合。

新NISAでの方向性(自分の場合です)。

まず僕の場合、

①新NISAでも上記の状況から積立NISAは利用しないと思います。
荒波さん
荒波さん

まぁそうやろな。

②成長投資枠NISAを現行の一般NISAに代わって利用することになりそう。

非課税限度が600万円から1,200万円に倍増するのはそれなりに大きいかも。

もりっこ。
もりっこ。

また、今は申告不要による配当収入は所得税や住民税は勿論、
国保等にも反映されていませんが、将来的にはどうなるか
分かりません。
少しでもより安全そうな枠へ入れておきたいかな…。

で、悩むのが新制度における生涯非課税限度額の「簿価残高方式」の部分。
かえでさん。
かえでさん。

売買繰り返せるからね。

荒波さん
荒波さん

枠が空くのは確か翌年になってからみたいだけど…。

③現時点で考えているのは、、、
  • 単純に新規投入資金を新NISAに充てるというのが最もあり得る方向。
  • あまりに含み益の銘柄があり、明らかに配当が大きく増える同程度以上魅力のある銘柄がある場合、今より多少積極的に売却するかもしれない…(今はほとんどしていない)。
  • 成長投資枠の生涯非課税限度が1,200万円なので、仮に1銘柄100万前後とすると10銘柄程度分か。
    どこかで銘柄数を30程度に減らす方向に徐々に売却し、新NISAで既存銘柄を買い増していくという流れもあり得る。
かえでさん。
かえでさん。

今後は収入も減っていく予定なので、年間投資枠(成長投資の240万)も
使い切れるかどうか…?
正直来年になってみないととは思います。

もりっこ。
もりっこ。

あと一般NISAの各年の期限終了年に、株価や含み損益の状況によるものの、
一般NISAから新NISAへ買い直すというのもありそう。
現行NISAから新NISAへのロールオーバーは不可なので

金融庁のHPには簡単なQAもあるので確認してみて下さいね。

かえでさん。
かえでさん。

あーでもない、こーでもないと
いろいろ考えるとちょっと楽しいかも!?

それでは、よい1日を!
励みになります。よろしければ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました