投資用語解説 金融政策決定会合

投資用語解説

昨日今日と日本銀行の金融政策決定会合が行われています。

日本経済新聞のサイトだとこんな取り上げ方をされています。

金融政策決定会合とは

そのままの答えが日銀のHPに掲載されています。


(出典:日本銀行HPより)

上記のサイトをそのまま下にスクロールするともう少し詳しく書かれていますが、

  • 年8回開催されて、毎回2日の日程
  • 話し合われる内容は、
    (1)金融市場調節方針、(2)基準割引率、基準貸付利率および預金準備率、(3)金融政策手段(オペレーションにかかる手形や債券の種類や条件、担保の種類等)、(4)経済・金融情勢に関する基本的見解等。
  • 会合終了後、決定内容が公表されます。

”利下げや利上げ”といった金利政策の決定がなされる会合になります。

もりっこ。
もりっこ。

従って、注目度が高いです。

また、その決定内容が金融政策決定会合の終了後すぐ公表されるため、株式市場や為替市場等のマーケットもその内容によって反応することが多いです。

尚、日本銀行のサイトの”金融政策 金融政策決定会合の運営”というページで、毎回の会合内容が閲覧できます。

2021年3月18日19日の会合での注目点

今回の結果で、個人的に着目しているのは以下2点です。

長期金利の変動幅

長期金利(10 年物国債金利)の変動幅を上下に±0.25%と従来の0.2%より少し拡大しました。短期金利との利ザヤが開くので、金融機関の収益性は向上するのではないでしょうか。

ETFの購入

日経平均株価連動ETFの購入は行わず、TOPIX連動ETFに限定するようです。TOPIXの方が日経平均よりもより下支えされるということでしょうか。結果的に、TOPIXの寄与度が高い時価総額の大きい銘柄(トヨタ、NTT、KDDI等)がより下支えされやすいのかなと感じますね。

 

 

もりっこ。
もりっこ。

尚、資料中”2%の「物価安定の目標」”という文言が出てきますが、ホントになんで消費税上げたんですかね、と思わずにはいられない…。

 

 

それでは、おやすみなさい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました