スポンサーリンク

増配☆配当性向引上げ。【高配当株】ジャックス(8584)2024年3月期2Q

高配当株 ジャックス2024年3月期2Q 8584 ジャックス
スポンサーリンク

 

もりっこ。
もりっこ。

おはようございます☆
もりっこ。です。

高配当株 ジャックス。
2024年3月期2Q決算について確認~。
忘れた頃の決算内容確認(笑)

かえでさん。
かえでさん。

2023年11月22日現在の株価は5,220円、
配当利回りは4.02%。

尚これら銘柄への投資を推奨するものではありません。投資の判断は自己責任でお願いします。
また記載内容や数値は記事投稿時点でのものです。
スポンサーリンク

ジャックス 2024年3月期2Q

経営成績。


(出典:2024年3月期第2四半期決算

営業収益:922.0億円 (前年同期比 +8.1%
営業利益:184.1億円 (同 +12.4%
経常利益:183.4億円 (同 +11.7%
親会社株主に属する四半期純利益:123.1億円 (同 +10.8%
増収増益。
経常利益、最終利益は過去最高。
かえでさん。
かえでさん。

営業利益率は約19.9%。

(出典:2024年3月期第2四半期決算

もりっこ。
もりっこ。

取扱高、営業収益は概ね好調の模様。


(出典:決算説明資料

貸倒費用や金融費用も増加していますが、営業収益の伸びが利益の増加を牽引。

かえでさん。
かえでさん。

貸倒費用はその多くが取扱高(債権額)の増加、
金融費用も取扱高の増加と調達金利の上昇が要因。

この貸倒費用の増加については決算資料見る限り、不良債権が大きく増加しているということではなく、営業収益の伸びに従い売上債権自体が増加していることが理由と思います。

もりっこ。
もりっこ。

ちなみにビッグモーターとの取引は8月以降新規受付停止。
その影響はあまり大きくなく、寧ろ輸入ディーラーが好調、
オートローン事業自体は取扱増加。

財政状態。

大枠としては大きな増減はありません。
総資産が増加していますが、勘定科目で言うと割賦売掛金が約1,665億円増加しているのが大きな要因。
荒波さん
荒波さん

営業収益が好調だったってことやなー。

通期業績予想修正&増配。

・2024年3月期通期業績予想修正(営業収益は増収、営業利益以降は減益)
配当増配

かえでさん。
かえでさん。

詳細は後ほど…。

増収増益決算。経常利益と最終利益は過去最高。
②全体的に事業は堅調。
③通期業績修正、増配

来期業績予想

業績予想。


(出典:2024年3月期第2四半期決算

売上高:1,830億円 (前年同期比 +5.5%
営業利益:325億円 (同 +2.6%
経常利益:325億円 (同 +2.5%
親会社株主に属する当期純利益:230億円 (同 +6.2%
荒波さん
荒波さん

業績予想修正してるー。

(出典:2024年3月期第2四半期決算

かえでさん。
かえでさん。

理由は、国内事業の営業収益が増加する一方で、
貸倒関連費用が増加傾向。
利益面では前回予想を下回る見込みだそうです。

もりっこ。
もりっこ。

ただ前年と比べると増収増益基調は変わらず。

尚、同時に発表した単体決算予想は増収増益で上方修正。
経常利益310億円予想で7期連続最高益予想。

配当予想。

年間210円(前期から20円増額)。

かえでさん。
かえでさん。

こちらも当初の200円から210円に。
増配修正してくれています!

もりっこ。
もりっこ。

配当性向30%から35%へ上昇させるのが大きな要因ですが、、、

(出典:決算説明資料

資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応について」というリリースも決算発表と同時に出しているように、現在のPBR1倍割れ(0.85くらい)に関して会社も気にしている模様。
その要因を以下のように考えているようです。

・持続的な成長に対する株主や投資家からの十分な理解が得られていない(成長性への信頼が不十分)。
・株主還元策への期待値が不足していること。
かえでさん。
かえでさん。

ということで、
上記スライドのような取り組みを行うとのこと。
持続的な成長への理解促進と期待値の向上、
株主還元策の強化に取り組み、株式市場からの
評価指標であるPBR1倍を早期に目指す。

もりっこ。
もりっこ。

個人的には株主還元、特に配当については満足してますけど…。
まぁでも増配してくれるのは嬉しい。

ジャックス 気になるトコロ

海外いまひとつ。

(出典:決算説明資料

JIVF:ベトナム、JMFI:インドネシア、JMC:カンボジア、JFP:フィリピン

かえでさん。
かえでさん。

各国とも営業収益は伸びていますが、
金融費用と貸倒費用が増加しフィリピン以外は減益。

通年予想でも海外4か国合計の経常利益は減益見込で厳しい見通し。
特に下記2か国。

ベトナム:
・国内景気低迷
・公安当局による催促行為規制の厳格化による未収債権増加から貸倒費用増加。
・金利引き上げによる調達金利上昇。
インドネシア:
・コロナ時支払猶予債権の未収増加による貸倒費用増。
・金融費用の増加。
もりっこ。
もりっこ。

国内が好調で業績を牽引していますが、
海外事業の成長も期待したい。

今後の利上げ対応。

調達金利が上昇しており今後も上昇すると思われますが、例えばオートローン事業では9月までに利上げ交渉済であったり、調達金利の固定比率を現在の約68%から72%くらい迄上昇させる方向等対応は実施しているようです。

かえでさん。
かえでさん。

変動金利で調達する場合でも金利スワップ利用も視野。

単体事業別の説明から。

単体決算の事業部門別概況説明スライド、カード・ペイメント事業のスクリプトから、、、

カード・ペイメント事業(ショッピング)

(出典:決算説明資料スクリプト付

カード・ペイメント事業(キャッシング)

(出典:決算説明資料スクリプト付

荒波さん
荒波さん

リボルビング~

もりっこ。
もりっこ。

まーそうなんでしょうけどね。
ちょい複雑だなぁ…(笑)

良い子は利用しないように…。

まとめ

前期比増収増益決算。経常利益、最終利益は過去最高。
・取扱高や営業収益は概ねどの事業も堅調。
・貸倒費用や金利負担は上昇。
海外は苦戦中。
2024年3月期通期予想は営業収益は上方修正、利益は下方修正。
配当予想は増配へ。
・ROE、PBR頑張る(配当性向も35%へ引上げ)

全体としては良い2Qだったと思います。

かえでさん。
かえでさん。

増配してくれるし。
海外は少し気になるけど。

もりっこ。
もりっこ。

今回配当性向引き上げてくれましたが、
個人的には株主還元そんなに不満はなかったんですけどねー。
資金調達も必要な事業なんで配当性向はほどほどに…。

個人的な感覚ですが、ジャックスのような事業の会社は少し株価が上がりにくいのかなぁとも感じています。

荒波さん
荒波さん

どちらかという不人気銘柄かも。

ジャックス2024年3月期2Q決算でした。

それでは、よい1日を!
励みになります。よろしければ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました