高配当株 日本特殊陶業 2022年3月期第2四半期決算

個別銘柄

高配当株 日本特殊陶業の2022年3月期第2四半期決算が発表されています。
自動車業界の景気動向を受ける景気敏感株ですね。電気自動車へのゲームチェンジの動向によっては中長期的に影響を受けると考えられている銘柄でもあります。

かえでさん。
かえでさん。

以前、第1四半期決算発表の際、業績修正や増配も期待できそうと書きましたが、期待に応えてくれました!
嬉しい~♪

高配当株 日本特殊陶業 2022年3月期第2四半期決算

概況


(出典:2022月3期第2四半期決算短信より)

  • 売上高:234,554百万円(前年同期比+23.8%
  • 営業利益:33,921百万円(同+102.5%
  • 親会社株主に帰属する四半期純利益:25,030百万円(同+100.9)
もりっこ。
もりっこ。

良い決算です。営業利益率も14.4%と高水準!

セグメント別

相変わらず自動車関連がけん引しています。

尚、好調に見える自動車関連事業も、世界的な半導体不足や東南アジアの新型コロナによる工場稼働制限の影響を受けているようです。

かえでさん。
かえでさん。

この辺りは、ちょっとどうしようもない部分もありますね。

2022年3月期 通年予想

業績予想

かえでさん。
かえでさん。

上方修正されています!


(出典:業績予想の修正に関するお知らせ より)
部品不足で減収ですが、利益は大幅増の予想です。

もりっこ。
もりっこ。

ただ、今後上下どちらにもブレる可能性はあると思います。

また、以下のように過去10年程度と比べても、業績の成長を感じられるところは良いですね。
予想通り進捗すれば、コロナ前より好決算になりそうです。

(出典:IRバンク より)

配当予想

年間96円(中間48円、期末48円)に増配!

前回予想が年74円だったのでかなりの増配といえます。

もりっこ。
もりっこ。

こちらは前回も掲載しましたが、完全業績連動となっているので、今後の四半期決算の動向によっては、増配もそうですが減配も有り得る点は留意要です。



(2021年3月期決算説明資料より)

ちょっとした気になる点

ちょっと営業CFの在庫の増加が気になりました。

新車販売の需要自体は堅調なようなので、恐らく、以下のような理由かと個人的には推察します。

  • 需要に応えるため、部品、原材料を購入。
  • 一方で、半導体不足、コロナによる東南アジア工場稼働制限で製品完成できない。
もりっこ。
もりっこ。

現時点ではそんなに危惧していませんが、一応継続的に在庫CFチェックしようかな、と個人的な備忘も兼ねて記載しておきます。

景気敏感株であることに加えて、業績に連動して配当が決まるので、高配当株ポートフォリオの中核にはしづらい銘柄ですが、個人的にはサテライトには加えたいと思わせてくれる銘柄です。

それでは、よい1日を!

尚、当然ですが、これら銘柄への投資を推奨するものではありません。投資の判断は自己責任でお願いします。また、記載内容や数値は記事投稿時点でのものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました