リートと迷う!? 銘柄確認【ヒューリック(3003)】

高配当株 ヒューリック 3003 ヒューリック

 

もりっこ。
もりっこ。

おはようございます☆
もりっこ。(@moricco.net)です。

3003 ヒューリック。
高配当界隈では結構有名銘柄かと思います。
どうしても不動産業は確認後回しになりがちなんですが、ようやく。

かえでさん。
かえでさん。

時価総額は8,000~9,000億程度で中型株。
業種は不動産業で12月決算ですね。

2022年12月14日時点の配当利回りは約3.68

尚、これら銘柄への投資を推奨するものではありません。投資の判断は自己責任でお願いします。
また記載内容や数値は記事投稿時点でのものです。
スポンサーリンク

高配当株銘柄 3003 ヒューリック 概要

事業内容

不動産賃貸業で、立地の良い都心物件中心。
建て替えによる築年数の若返りや耐震化、系列REIT向けの物件売却も行っています。


(出典:会社HP

かえでさん。
かえでさん。

確かに東京23区の駅地下でヒューリックのロゴのついた
ビルを見かけた記憶があるよ。

もりっこ。
もりっこ。

ヒューリックの場合保有物件のポートフォリオに特徴があります。
投資する際にも確認しておいた方が良いと思いますので、後掲します。

現在の株価と配当利回り。

2022年12月14日現在 株価:1,142円、配当利回り:3.68%
(株価のリンクはヤフーファイナンスへ跳びます)

荒波さん
荒波さん

ここ数年は1,000円~1,400円前後の値動きの模様。
正直もうちょい配当利回り欲しいなぁ。

収益状況

①売上・利益推移

売上高は、2021年12月実績で4,470億円。


(出典:IRBANK

ここ10年着実に右肩あがりに成長しています。

かえでさん。
かえでさん。

2011年以前はリーマンショック後でもあり、過去の決算短信を見ると、
多額の減損損失や投資有価証券評価損を計上している為
最終赤字になっている年もチラホラ。

もりっこ。
もりっこ。

その後は立派。

会社資料だとこんな感じ。


(出典:決算説明資料

セグメントは以下の通り。

(出典:2021年12月期決算短信

かえでさん。
かえでさん。

保険事業やホテル・旅館事業もありますが、ほぼ不動産業といってよいと思います。

②営業利益率

25.6%(2021年12月期)

荒波さん
荒波さん

高い!

もりっこ。
もりっこ。

2012年12月期以降は概ね20~30%の水準です。
経常利益率もほぼ営業利益率と同水準。

③(参考)ROE、ROA、EPS


(出典:IRBANK

ROE、ROAは2012年以降ずまずに。
EPSは着実に右肩上がり。

かえでさん。
かえでさん。

事業柄(不動産業でしかも物件保有で賃貸メイン)
どうしても有形固定資産残高が多額で総資産の約6割。

もりっこ。
もりっこ。

ということはROAはなかなか上がらないよね。
特に問題はないと思います。

業績は2012年以降右肩あがりに成長。
利益率も高い。
荒波さん
荒波さん

素敵な感じじゃないか~!

CF状況。


(出典:IRBANK

・営業CFは不安定、一応直近3年は潤沢で安定。
・設備投資旺盛でフリー・キャッシュ・フロー(営業CF+投資CF)はマイナス。
・財務活動CFそこそこプラスなので借入は多いものと推察。

かえでさん。
かえでさん。

営業CFはちょっと不安定なのと、FCFがマイナスの点は
人によっては評価下がるかもね。

荒波さん
荒波さん

逆に言うと、かなりイケイケで物件取得や
建て替えを行っているってことやな。

財務状況

①自己資本比率

28.9%(2021年12月期)。

かえでさん。
かえでさん。

低い…。
不動産業の宿命といえばそれまでだけど…。

②現預金残高等

2021年9月末時点で1,753億円(総資産の約7.6
投資有価証券と合わせると総資産の約17.8%
借入金や社債は1兆4,593億円。

荒波さん
荒波さん

やっぱりCF見てわかるように有利子負債はかなり多額だ~

配当状況。

直近の配当利回り:3.68(2022年12月14日時点)
2022年12月期は1株当たり年間42円(前年39円から増配


(出典:決算説明資料

荒波さん
荒波さん

配当はどんどん増えてる!
配当性向も40%程度まで上昇してきた。

もりっこ。
もりっこ。

配当性向の上昇はこれくらいでひとまずstopでしょうね。
ちなみに自己株取得は時々実施しているようですが
あまり注力していない模様です。

配当は業績上昇とともに増配が続く。
配当性向も目標としていた40%に到達。
自己株取得はそんなに積極的ではなさそう。
・株主優待はカタログあり。

PER。

私は高配当株でも割高な銘柄は購入しないのですが、、、
PERは約10.5倍(2022年12月7日時点)。
(PBRは1.31倍程度)

もりっこ。
もりっこ。

割安な水準。


(出典:IRBANK

かえでさん。
かえでさん。

過去推移を見ても割安な水準かと。
業績右肩上がりなのにどんどん割安になってますね。

その他 ヒューリックに関する特記事項

賃貸物件ポートフォリオの特性。

リスク回避型ビジネスモデルらしい。


(出典:決算説明資料

もりっこ。
もりっこ。

会社は「リスク回避型ビジネスモデル」と謳っています。
個人的には良いと思ってます。

①賃貸収益中心

売却メインの不動産事業の場合は、どうしても業績が不安定になりがちですし在庫リスクもあります。
賃貸収益中心の方がより安定的と思います。

②東京・駅近のオフィス物件中心。



(出典:決算説明資料

立地が良いので賃料も高くまた空室率も低いようです。
東京都心中心なので逆に言うと災害リスクはありそうですが、耐震化は勧めている模様。

かえでさん。
かえでさん。

災害リスクの点は人によって評価分かれそうね。

保有不動産の含み益も上昇中です。


(出典:決算説明資料

③海外保有資産なし

確かに地政学リスクや為替リスクは回避できますが、ここも人によっては評価が分かれる可能性はありますね。

④マンション分譲を手掛けない

これは個人的には嬉しい点。

もりっこ。
もりっこ。

配当利回りが高くても分譲マンション販売銘柄には
今のところ関心なしです。
景気変動の影響というかリーマンの記憶ですかね。
個人的な偏見かもしれませんが。

⑤借入の長期固定化シフト

今後金利上昇になりそうなことを考えると良い点ですね。

2022年12月期着地見込。


(出典:2022年12月期第3四半期決算短信

・売上高:5,300億円 (前年同期比+18.5%
・営業利益:1,240億円 (同+8.2%
・経常利益:1,200億円 (同+9.5%
・親会社株主に帰属する当期純利益:785億円 (同+12.8%

しっかり増収増益です。

かえでさん。
かえでさん。

詳細はpassしますが、第3四半期決算発表と同時に上方修正されています。

投資比較対象はリートか。

ヒューリックへの投資を検討する場合、リートへの投資もNGでなければ比較対象はリートになる気がしています。

単純な配当利回りだけだとリートの方が良い場合もありますし、ヒューリックがスポンサーを務めるリートもあります。
ヒューリックリート投資法人(3295)

もりっこ。
もりっこ。

概要だけ見るとこちらも都心物件中心。
大枠だとあまり差が無いように思えますね。
ヒューリックからこのリートへの物件売却も行われており、
その判断条件なんかは個人的に気になるなぁ。

かえでさん。
かえでさん。

単純に配当(分配)利回りで決めるのか、
公募増資で株価がブレるのが嫌なら個別株にするのか…。

もりっこ。
もりっこ。

とはいえ僕はリートは今のトコロ買っていない。
なんとなくですが。

3003 ヒューリック まとめ

〇評価できる点は、

  • ここ10年程度業績好調で右肩上がり。
  • 利益率も高い。
  • PERは歴史的にも割安。
  • 賃貸物件は都心で立地も良く賃料水準も良い。また、建て替えによる築年数の若年化・耐震化にも積極的。
  • 分譲マンション手がけてない点は個人的に◎

〇懸念点としては、

  • 財務健全性高くない。
  • 営業CF不安定でFCF赤字(業種的な特徴、積極的に投資・成長しているという側面もある)。
  • 配当利回りもう少し欲しい。
  • 都心中心の物件の為、災害リスクを心配する場合は耐震化しているとはいえ心配。
  • 国外事業は行っていない点は評価が分かれるかも。
  • (懸念点ではないですが)リートでも良いんかな!?
かえでさん。
かえでさん。

総合的にはなかなか良い銘柄な気がするなぁ。

もりっこ。
もりっこ。

個人的には高配当株PFに入れても良いとは考えています(20銘柄以上持つ場合)。
マンション開発・販売銘柄は保有しない方針のため、業種分散の視点でも
貴重な銘柄かもしれません。
リートとどっちが良いかは勉強不足ですが(汗)

荒波さん
荒波さん

誰か教えてちょ。

今後の個人的着眼点
2022年12月期の業績動向。
・長期的には金利水準。
・CFの状況。
かえでさん。
かえでさん。

もし興味が湧いたら
研究してみて下さいまし。

それでは、よい1日を!
励みになります。よろしければ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました