高配当株 JT(日本たばこ産業) 2021年12月期決算

高配当株 takara&company 決算確認 2914 JT日本たばこ産業
スポンサーリンク

高配当株 JT 日本たばこ産業 の2021年12月期決算ざっと確認しました。

高配当株 JT 日本たばこ産業 2021年12月期決算

概況


(出典:2021年12月期決算短信より)

  • 売上高:2,324,838百万円(前年同期比+11.1%
  • 営業利益:499,021百万円(同+6.4%
  • 当期純利益:340,181百万円(同+9.0)

ここだけ見ると良い数字です。
ちょっと気になる点は後述しますが、前期比増収増益。
営業利益率は約21.4%と、以前の四半期決算と比べるとが少し下がっていますね。

かえでさん。
かえでさん。

それでも高い。

セグメント

セグメントというか、JTは海外たばこに業績が大きく左右されます。


(出典:2021年度決算説明会資料より)

ここが順調なら一安心です。

もりっこ。
もりっこ。

というか、海外たばこが不調なら全体業績も良くないと思います。

 

かえでさん。
かえでさん。

JTは海外たばこ事業が肝です。国内たばこは衰退していくのはほぼはっきりしているので、あまりに気にしなくてもよいかと考えます。

これも再掲しますが、為替の影響はある程度致し方ないと思っています。ひとまず外貨ベースでしっかり収益を増やして欲しい所です。

2022年12月期 通年予想

業績予想

減収ですが、増益予想
営業利益率は23%とまずまず。

配当予想

年間150円。
2021年12月期の140円から10円増配予想です。

荒波さん
荒波さん

ヤーリー!

気にしておくべきは、2012年12月期決算において発表された、配当性向75%目安です。
この点、今回発表された「経営計画2022」でも引き続き踏襲されています。

この点は覚えておきましょう。

もりっこ。
もりっこ。

今後の四半期決算において、増配や減配が発表されなかったとしても、EPSの状況を見て予想しておくといいかと思います。

JT ちょっと気になるトコロ。

荒波さん
荒波さん

いつものように、医療事業、加工食品事業がイマイチってことやろ!

まぁそれもありますが、今回は別の視点です。

(出典:2021年度 決算レポート より)

2021年10月~12月3か月の営業利益が激減しています。
上記のように理由は一応書かれていますが、前期だけでなく2019年12月期の10~12月も営業利益617億円ありました。
従って、前期に計上されていた”旧JTビル売却益は413億円”の剥落も影響ありますが、そもそもここ数年第4四半期の利益率が非常に低いことがわかります。

もりっこ。
もりっこ。

JTは、第3四半期までの通年目標の達成率が高く第4四半期の利益が低い傾向にあります。年によっては値上げによる影響という説明を見た記憶がありますが、この辺りもう少し理由詰めたい所です。
逆に投資家目線だと、第3四半期までの数字での通期達成率をよく確認した方がよいといえますね。

個人的にJTを見る場合のスタンスは、

・国内たばこ事業は尻すぼみなのは事実だが、あまり気にしない(そもそもメイン事業ではないし、ある意味不可抗力的な部分アリ)。
・なんといっても国外たばこ事業の伸びが生命線。先進国の喫煙者は減少傾向にあると思われるが、シェアの獲得や、先進国以外の市場の伸びに期待。
・たばこ事業以外の柱ができるといーなー(ちょっと遠い目で(笑))
第3四半期までが勝負か??

それでは、よい1日を!

尚、当然ですが、これら銘柄への投資を推奨するものではありません。投資の判断は自己責任でお願いします。また、記載内容や数値は記事投稿時点でのものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました