自社株買い 会社側のメリット

投資全般

前回、どうして自社株買いは株価上昇になりやすいのかということを投稿しました。書いているうちに自社株買いをする会社側のメリットも考えてみたので、ちょっと整理しておきます。

自社株買いをする会社側のメリット

株主への利益還元、アピール

EPSの上昇や株価上昇を以て、株主還元が図れます。また、”株主還元に積極的な会社”というアピールも可能です。

投資家へのアピール

自社株買いをすると、EPS以外にも、PER、ROEといった指標が改善されます。”自社株買いをする”というニュースが目を引く場合もありますし、このような指標が向上することで投資家に対して自社をアピールすることも可能です。

自社株の利用

例えば、従業員に新株予約権(ストックオプションの方が馴染みがあるかも)を付与している場合に権利行使による株式として、新たに株式を発行せず、自社株買いしていた株式(自己株式といいます)を渡すことが可能です。

また、新株予約権絡みでいうと、自社株買いすることで株価の上昇要因になるので、新株予約権保有者にとっては、モチベーションアップや権利行使がしやすくなるという効果もありそうです。

敵対的買収への対応

自社株買いによって株価が上昇すれば、敵対的買収の際に必要な株式買取資金も上昇します。また、発行済株式数が減少することで、経営権を持っている側や安定株主の保有割合も上昇します。

これら4つが一般的に語られやすい自社株買いの会社側メリットかと思います。

もりっこ。
もりっこ。

そして重要な点もう一つ。

自社株買いが必然となることもある。

一般的に、株主還元に積極的な会社(例えば高配当株)は自社株買いに積極的と言われます。それは、純粋に株主の為を思って~、だけではなく、財務的にも会社のメリットに合致することがあります。

例えば以下のような余裕資金を抱えている会社の場合で考えてみます。

  • 高配当株であり、配当利回りは、4%。
  • 取引銀行の定期預金金利は、0.01%。
  • 取引銀行からの借入金の借入利率は、1%。
  • 特に目先キャッシュの必要な設備投資や事業投資はない。

この場合、定期預金に預けるよりも、借入金の繰上返済するよりも、自社株買いをして配当金として外部流出する資金を減らすことが財務面では有効的な資金使途であったりします。

しかも上記の例でもわかる通り、高配当株であればあるほどその傾向が出やすいといえます(高配当株であっても株価の状況によってはそうならない時もあります)。

かえでさん。
かえでさん。

”この会社株主の為に頑張ってくれてるー、ありがとー!!” と思っても、実は、”単にウチの会社に一番メリットあるんで。”と冷静なジャッジをされているだけかもー(笑)

 

もりっこ。
もりっこ。

まぁ、株主還元のことを全く考えずに、自社株買いしている会社はあまりないとは思いますが。

思っていた以上に、自社株買いは、社と株主が ”win-win” な出来事と考えて良さそうです。

 

それでは、よい1日を!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました