何故3月決算が多いのか【もうすぐ3月決算】

投資全般

あと半月で3月も終わります。3月決算を迎える法人も多く、投資先の銘柄も3月決算が多いという投資家の方も多いのではないでしょうか。

上場企業の約7割が3月決算

上場企業の約7割が3月決算と言われています。なぜこれほどまでに3月決算が多いのか、という理由ですが、以下のような理由があるようです。

国や地方自治体の予算期間

国や地方自治体の予算は4月~翌年3月という期間で編成・消化されます。
この為、3月の売上が大きくなるのですが、その売上を数値として最も早く決算に織り込むには、3月決算となります。

税制改正

国の予算期間が4月~3月ということも影響しているかと思いますが、税制改正も毎年4月からの適用となるものが多いです。税制改正を受けて会計年度の途中で処理を変えるよりも期首から新しい取扱いに変更した方が何かと楽ですね。

採用等人事面

教育機関も、4月~翌年3月という区切りで進級、卒業となります。従って、新卒社員の入社も4月となることが殆ど。その為人事異動や人事評価もこのタイミングでなされることも多くなるため、会計年度も合わせた方が人事面での業務も行いやすいという側面もあるようです。

総会屋対策

もりっこ。
もりっこ。

死語かも(笑) 私も自分でこれ書いていて久しぶりに目にしました。

恐らく社歴の長く規模の大きい上場企業の場合は、この理由が大きいかもしれません。
株主総会で株主の権利を乱用して総会を混乱させたり、混乱させない見返りに会社に金銭を要求する”総会屋”と呼ばれる集団が存在します(しました?)が、特に大企業は総会屋を株主総会にできるだけ出席させないよう株主総会を6月末の同日に一斉に開催するという習慣がありました。株主総会は決算後3か月以内に行われるので、株主総会を6月末に行うには3月決算ということになります。

日本の法人全体だと3月決算の占める割合は約2割程度

上場企業だと約7割が3月決算ですが、中小零細も含めた日本の法人全体で考えると、3月決算の割合は約2割程度に留まるようです。

これは、中小零細企業の決算を比較的主導する立場である税理士の繁忙期を避けるため、上場企業に比べると3月決算が少ないのかなと思います。

もりっこ。
もりっこ。

私も新規設立法人の相談を受けた場合、特に支障がなければ3月決算は避けてもらうことが多いですね。

最近は12月決算も徐々に増加

海外では3月ではなく12月決算が多いです。従って、親会社が海外の会社であったり、海外のグループ会社と連結決算する場合やIFRS(国際財務報告基準)を採用する会社は、12月決算に変更する会社も増えてきているようです。

 

高配当株投資を行う上でも、できれば決算期は均等に分かれていて、配当金の収受も年間で平準化されていると嬉しいですね。特に再投資ではなく、実際にキャッシュとして受け取って生活費等に充てる場合は。

また、同じ決算期の銘柄が多いとどうしても決算発表の確認も大変です。

かえでさん。
かえでさん。

ホントもう少しばらけて欲しいところです。

 

 

それでは、おやすみなさい!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました