日本人は投資しないと言うけれど。

投資全般

よく日本人は投資しないという話を聞きます。

確かに、金融資産は預貯金(と生保)だけという方も多いでしょうし、特に年齢が上がれば上がるほど、例えば株式や投資信託への投資に対してはアレルギーがある方が多いように思います。

国としても、確定拠出型年金やNISAという制度を用意して、少しづつでも国民にの投資に対するハードルを下げようとしています。先日の老後資金2,000万円問題も、センセーショナルな報道をされはしましたが、”若いうちに少しづつ投資を行って用意しておこうね。”という、ある種前向きの意図があったものと思います。

一方で、日本の持ち家比率は、総務省の「平成30年住宅・土地統計調査」によれば、全国平均で約61.2%。勿論、県により差はあって、最も高い秋田県で77.3%。持ち家比率が低いのは、沖縄県44.4%、次いで東京45%となっているようです。

荒波さん
荒波さん

まだまだ持ち家進行は強い。

何が言いたいかかというと、確かに預貯金以外の金融資産は保有していない人はまだまだ多いと思いますが、不動産は保有している人が結構多いです。しかもその多くは住宅ローンとセットで。
なので、実質的にはリスク資産を保有している日本人は少なくないということになりそうです。本人にその意識があるかどうかは不明ですが。

もりっこ。
もりっこ。

純粋に経済的に考えると借金して株買ってるのとあまり変わらない…。

そうなると、住宅ローンを抱えている場合には、積極的に株式や投資信託へ投資してよいかはちょっと考えた方が良さそうですね。これは、保有する預貯金や年収等、或は手数料等様々な要因があると思いますが、ローンの繰上返済を最優先としたほうがよいかもしれません。

投資対象や投資年数でリスクを低減することは可能ですが、投資は資産が増加することもあれば減ることもあります。一方で、繰上返済は確実に返済した元本に対応する金利分の効果があります。そんな観点は持っていて損はないかと思います。

 

それではよい1日を!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました