投資と投機の違いは何か?~その1~

投資全般

”投資”と”投機”の違いは何か?

投資を語る上でよくあるテーマです。様々な書籍だけでなく、HPやブログにも恐らく記事は多くあるものかと思います。なぜこんなにもテーマに取り上げられるのか?
それは、簡単。
混在しててわかりづらいからです。現実の世界では、”投資”と”投機”の要素の双方が、実際の活動のなかに含まれており、そもそも厳密に区分することが難しいのだと思います。

”愛と恋の違いは?”
これと同じようなことでしょう。そもそも構成している単語自体の意味が曖昧で形のあるものではなく、また属人的であり、そのものだけでなく、両者の違いも、捉え方も、人によって異なる・・・。

かえでさん。
かえでさん。

だから、いろんな見方で盛り上がる~ みたいな

厳密に区分すること難しいです、で終わると先が続かなくなるので、もう少し違いをまじめに考えてみます。例えば、よくある説明にこういうものがあります。
「長期型の投資が、”投資”で、短期型の投資が”投機”」或いは、「株式投資を例にすると、企業の成長に応じて(結果的に)主にインカムゲイン(配当)を得るのが”投資”で、売買を繰り返すことでキャピタルゲイン(売却益)を得るのが”投機”」
それらしく聞こえるかもしれません。恐らく、この考えではデイトレは”投機”なんでしょう。でも、なんか変な気がします。

ここから先は、個人的な意見であることを念置きしますが、まず上記の「長期間か短期か」「インカムゲインかキャピタルゲインか」での定義の仕方に問題があります。
”長期か短期か?”
この論理で行くと、投資と投機が区別できません。何故かというと、どれくらいが短期でどれくらいが長期か明確にしなければ、いつまでたっても投資と投機の定義ができないからです。また、そもそも、本源的に投資か投機かの議論に期間は関係ありません。
”インカムゲインかキャピタルゲインか?”
これも論外ですね。キャピタルゲインを狙ったら投資でないとうのは明らかにおかしい。これも、上記と同様、長期短期の概念も含めいろんな要素・単語がごちゃまぜになっていると思います。よくある”それらしい(それらしく聞こえる)言葉をそれらしく並べたもの”といえるかと。

荒波さん
荒波さん

理論的には??なのに、雰囲気だけでそれらしく聞こえる”不倫は文化”発言と同じようなものかー。

では、投資って?投機って?
まず、投資ですが、これは単純明快です。
”資金を投じて、利益獲得を目指すこと”

もりっこ。
もりっこ。

多分、これだけです。

長期で達成しようとしても短期(だから、どれくらいが短期やねん??)で達成しようとしても関係ないし、株式投資でいえば、配当で利益を得ようが、売却益で利益を得ようが関係ないと思います。

次に、投機ですが、困ったことにこれは単純には言いにくい…。
投資との関係・対比で考える必要があると思います。ただ、”資金を投じて、利益獲得を目指すこと”を投資とするならば、投機も投資の一部と考えることができると思います。なので、こう考えてみます。

”投資”の中に、”狭義の投資”と”投機”がある。
多分この「階層」を意識せずに議論すると迷路に入ることになりそうです。

つづく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました