証券会社を変えたいと思ったら。

投資全般

利用している証券口座を変えたいと思ったことありますか?
私は、貸株制度に興味が湧いた時に思ったことや元々使用していた証券会社では積立NISAができないと知った際にも ”証券会社・口座変えようかなー” と思ったことがあります。

他にも、別の証券会社の方が手数料が安い、取扱商品が豊富、情報やツールが良いといった理由で、他の証券会社に目移りする場合があると思います。

もりっこ。
もりっこ。

今だと、楽天証券やSBI証券がダントツの人気でしょうか。

保有株式の移管手続について。

実際には使用する証券会社・口座を変える場合、以下の手続きになることが多いと思います。

  • 今後取引したい証券口座に口座を開く。
  • 現在使用している証券口座から、新しい証券会社の口座に保有株式等を移管する。

勿論、従来の口座での保有株式はそのままで、新規の口座では今後新しい取引のみ行うという方法もありますが、保有株式はどちらかの口座にまとめておく方が基本的には管理しやすいと考えます(そうでない場合もありますがそれは後述)。

なんだかめんどくさそうですが、一般的に多くの投資家が利用している特定口座から特定口座への国内上場株式の移管については実は簡単です。流れは下記。

  • 移管元となる証券会社に対して、保有株式移管の依頼を行い口座振替依頼書を入手。
  • 移管先の情報等必要項目を記入して移管元の証券会社に提出。

概ね1週間程度で手続きは終わるようですし、最近は移管手数料もかかならい証券会社も結構あります。

保有株式移管に関する留意点。

基本的な留意点としては下記になります。

  • 特定口座→特定口座への移管は、新しい証券会社に特定口座を開いておく必要がある。
  • 一般口座と特定口座間の移管は制限がある(一般口座→特定口座は不可、逆も留意点あり)。
  • NISA口座の移管はできない。
  • 地方の証券市場単独上場銘柄やTOKYO PRO Market上場銘柄、証券保管振替機構の非取扱銘柄等は移管できない。
  • 新しい証券会社側で取り扱っていない商品は移管できない。
  • 外国株式の場合は、移管できないケースもある。  などなど

一番上は留意点として押さえておく必要がありますが、その他は一般の投資家にはあまり関係ないかなーと思います。証券会社のQ&Aには必ず移管に関する項目も掲載されていると思うので、考えている人は一読してみましょう。
下記は、楽天証券でのQ&Aの一部抜粋です。


(出典:楽天証券 Q&Aより一部抜粋)

他にも、留意点やこのブログでは書ききれていない点等たくさん掲載されていますので、移管を検討している人は確認してみて下さい。

平均単価がどうなるか。

ここは知っておくべき点です。

特定口座で取引している人は、そのまま移管元での単価を引き継いでくれるので、特に何も問題は生じませんが、一般口座を利用している人は、移管によって取得単価が変わるので留意要です。

新しい口座を解説したからといって、保有株すべてを集約すべきでない場合もある。

例えば、従来特定口座で上場株式のみ保有していた場合、今後新しい証券会社で売買・保有していく場合、通常は新しい証券会社の口座に保有株式を移管して一元管理した方が、管理しやすいと思います。
一方で、以下のような場合は必ずしも一元管理しなくてもよいと思います。

  • 長期投資用、短期売買用と証券口座を使い分ける場合
  • 配当金の一部を預金入金したい場合(或いは再投資の為証券口座に受け入れたい場合) など。
かえでさん。
かえでさん。

また、既存の証券会社でのNISA口座内株式は移管できないので、そもそもNISAで保有銘柄はそのままだね。

それでは、よい1日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました